センチメンタルムード!

テクニカルチャートやファンダメンタルズ、
そして相場、この2つはかなり
密接に関係していると言って問題はないでしょう。

しかし、過信は禁物です。

例えばかなり強い指標が発表されたとします。

このタイミングでしっかりシステムトレードを組んでいた、
という場合でも、ドルだけはどうなるかわかったものではない、
このような結果になって後悔することがあります。

市場には後悔といいますか、
センチメントと呼ばれる動きが
必ず出てくる可能性が高いわけです。

初心者の場合はここで何らかの
指針も見つからずに悩んでしまうでしょう。

相場がおかしいから、
などと逆らってしまったらどうするか、
ここでかならずこの価値観を導入するのが
強いトレーダーなのだと思います。

コメントを残す